40歳を過ぎた頃から増加する加齢臭はノネナール発生が原因

40歳を過ぎた頃から身体からの臭いを気にし始める人が増えてきます。
若いころは多少汗をかいても、シャワーを浴びて身体を洗えば体臭が消えるのが一般的です。

 

40歳を過ぎた頃から足や脇の下、耳の後ろ、頭皮などから発生する今までにない種類の臭い
加齢臭といってよいでしょう。

 

加齢臭の原因となっているのは、ノネナールという物質です。
このノネナールは、油臭くて青臭い、不飽和アルデヒドの一種です。

 

40歳を過ぎてくると加齢臭が発生する理由と対策

資生堂の研究によってノネナールが加齢臭の正体であることが分かりました。
毛穴に存在する皮脂腺から分泌される脂肪酸が、酸化することによってノネナールは発生します。

 

若い人の場合は毛穴の皮脂腺から分泌される脂肪酸が発生しても、ホルモンの働きによって酸化することを抑制できます。
ですのでノネナールが発生することがほとんどありません。

 

しかし40歳を過ぎてくると、人間はホルモンの働きが弱くなっていきます。
そのことで毛穴から分泌される脂肪酸は酸化してしまい、ノネナールが発生するようになるのです。

 

年齢を重ねた人から加齢臭が発生するのはこのためです。
つまり、加齢臭を抑えるためには、ノネナールを減少させることが不可欠です。

 

皮脂の酸化を防ぎ、ノネナールを発生させないためには?

ノネナールの発生を抑えるためには、皮脂の分泌を抑えることが効果的となります。
しかし、皮脂には皮膚を守るという働きがあるため、皮脂を完全に止めるわけにはいきません。

 

ノネナールは皮脂が酸化することで発生するものです。
皮脂を完全に除去するのではなく酸化させないことが加齢臭の対策となるのです。

 

そこで日常的にできる加齢臭対策をご紹介します。

 

 有酸素運動

一日に30分以上ウォーキングをすることで、皮脂の酸化を抑えることができると言われています。

 

 食生活

動物性の脂肪は臭いを強くしてしまうため、魚や野菜中心の食事をするように、見直すことが必要です。

 

アイテム別加齢臭対策

【加齢臭対策サプリ】おすすめランキングはこちらから

【加齢臭対策石鹸】おすすめランキングはこちらから

【加齢臭の原因物質・成分であるノネナール】関連記事

ノネナール,加齢臭対策

40歳を過ぎた頃から身体からの臭いを気にし始める人が増えてきます。若いころは多少汗をかいても、シャワーを浴びて身体を洗えば体臭が消えるのが一般的です。40歳を過ぎた頃から足や脇の下、耳の後ろ、頭皮などから発生する今までにない種類の臭いは加齢臭といってよいでしょう。加齢臭の原因となっているのは、ノネナ...

ノネナール,加齢臭対策

加齢臭の原因物質としてノネナールが有名です。40代を過ぎてくると酸化に対する抑制力が低下してきます。そして脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加することによってノネナールが発生すると言われています。そのため一定の年齢になると自然発生するものだと考えている人もいます。実はそれ以外にもノネナール発生を誘発する...