食生活やストレス、生活習慣病などノネナール発生の原因は様々

加齢臭の原因物質としてノネナールが有名です。
40代を過ぎてくると酸化に対する抑制力が低下してきます。

 

そして脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加することによってノネナールが発生すると言われています。
そのため一定の年齢になると自然発生するものだと考えている人もいます。

 

実はそれ以外にもノネナール発生を誘発する原因があります。
ノネナール発生原因としてまず言われているのが生活習慣です。

 

生活習慣はノネナール発生に大きな影響を与えているとされています。

 

  • 肉類や脂ものを好む
  • アルコール
  • タバコを
  • 運動不足
  • ストレス過多

 

このような傾向は血管内にコレステロールを蓄積させやすくなります。
生活習慣病を誘発させる要因としても知られています。

 

生活習慣病と加齢臭は原因が同じ?

この生活習慣病を発生させる生活サイクルは同時に加齢臭を発生させるサイクルと酷似しています。
不摂生な生活を続けることで皮脂腺にも脂肪分が増えます。

 

当然脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加するのでノネナールもどんどん発生してしまいます。
また生活習慣の中でも食生活は直接体質に影響を与えやすい原因となっています。

 

肉類や脂っこい食べ物を好む人というのは皮脂腺に脂肪が蓄積されやすくなります。
若い人は酸化を抑制する力が働いているので脂肪が蓄積されても加齢臭には繋がりません。

 

しかし年齢とともに抑制力が下がってしまうと結果的に蓄積された脂肪が全て酸化してしまいます。
そして加齢臭に変わってしまいます。

 

ストレスも加齢臭の原因の一つ

またストレスも大きな要因と言われています。
ストレスの強さによって加齢臭が強くなったり弱くなる傾向があると言われています。

 

ストレスを感じてしまうと人は体内の活性酸素を増加させてしまうという特徴を持っています。
活性酸素が増えればその分脂肪が酸化してしまうので結果としてノネナールが発生してしまうのです。

 

そのためストレスが増えれば増えるほど酸化が進み、ノネナールの発生量も増えると言うわけです。
生活習慣とストレス対策は加齢臭対策にもなるということです。

 

アイテム別加齢臭対策

【加齢臭対策サプリ】おすすめランキングはこちらから

【加齢臭対策石鹸】おすすめランキングはこちらから

【加齢臭の原因物質・成分であるノネナール】関連記事

ノネナール,加齢臭対策

40歳を過ぎた頃から身体からの臭いを気にし始める人が増えてきます。若いころは多少汗をかいても、シャワーを浴びて身体を洗えば体臭が消えるのが一般的です。40歳を過ぎた頃から足や脇の下、耳の後ろ、頭皮などから発生する今までにない種類の臭いは加齢臭といってよいでしょう。加齢臭の原因となっているのは、ノネナ...

ノネナール,加齢臭対策

加齢臭の原因物質としてノネナールが有名です。40代を過ぎてくると酸化に対する抑制力が低下してきます。そして脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加することによってノネナールが発生すると言われています。そのため一定の年齢になると自然発生するものだと考えている人もいます。実はそれ以外にもノネナール発生を誘発する...