ノネナールが発生する部位は頭皮や耳の後ろ、首筋、ワキなど

ヴィエルホワイト

人間は誰しも年をとっていき、老化していきます。
老化を感じはじめて困るのは、さまざまな身体の機能が低下していくことです。

 

痛みを伴ったり思うように身体が動かなくなることも増えていきます。
そして、加齢臭もまた厄介なことのひとつです。

 

加齢臭は、だいたい40歳を超えたあたりから発生することが多くなっています。
いつも汗をかいた後などに感じる汗臭さとは違う種類の臭いを感じたら、加齢臭かもしれません。

 

実は加齢臭という言葉が生まれたのは、2000年頃のことです。
化粧品会社の資生堂がノネナールという芳香物質が加齢臭の正体であると発見してから、広まっていったのです。

 

40歳を超えたあたりから加齢臭が発生するのは頭皮や耳の後ろ、首筋、ワキなど

このノネナールとは、毛穴から分泌される脂肪酸が、酸化することによって発生する物質です。
若い人でも脂肪酸は分泌されているのですが、ホルモンが脂肪酸の分泌を抑制してくれています。

 

ですので、ノネナールの発生が抑えられ加齢臭がしないのです。
しかし、40歳を超えたあたりからホルモンの分泌量は激減します。

 

脂肪酸が酸化してしまいノネナールを発生させてしまいます。
これが加齢臭のメカニズムになっているのです。

 

加齢臭が発生する身体の部位は、頭皮や耳の後ろ、首筋、ワキが多くなります。
その理由は、これらの部位に臭いのもとになる汗をかく、アポクリン汗腺が集中して存在するためです。

 

そのため、ノネナール発生がこれらの部位に多くなるのです。
このような原因から、加齢臭を抑えるには脂肪酸の分泌を抑制すれば良いように感じます。

 

しかし脂肪酸は皮膚を守る役目も担っていることから、完全に抑制する訳にはいきません。
その代わりに、脂肪酸の酸化を抑制をすることで、加齢臭を緩和していくことはできます。

 

ノネナールを抑えるための生活習慣とは?

具体的には、生活習慣を見直すことが重要です。
人間は寝ている間に成長ホルモンを分泌し、身体の機能を回復させます。

 

そのため寝不足は禁物です。
また、食生活は、動物性の脂肪を多く摂取していると、脂肪酸を多く分泌するようになります。

 

動物性の脂肪を控え、食物繊維を多くとるなど栄養バランスを考えた食事を心がけることが大切です。
また、有酸素運動をすることで、脂肪酸が酸化する抑制をすると言われています。

【加齢臭の原因物質・成分であるノネナール】関連記事

ノネナール,加齢臭対策

40歳を過ぎた頃から身体からの臭いを気にし始める人が増えてきます。若いころは多少汗をかいても、シャワーを浴びて身体を洗えば体臭が消えるのが一般的です。40歳を過ぎた頃から足や脇の下、耳の後ろ、頭皮などから発生する今までにない種類の臭いは加齢臭といってよいでしょう。加齢臭の原因となっているのは、ノネナ...

ノネナール,加齢臭対策

加齢臭の原因物質としてノネナールが有名です。40代を過ぎてくると酸化に対する抑制力が低下してきます。そして脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加することによってノネナールが発生すると言われています。そのため一定の年齢になると自然発生するものだと考えている人もいます。実はそれ以外にもノネナール発生を誘発する...

ノネナール,加齢臭対策

人間は誰しも年をとっていき、老化していきます。老化を感じはじめて困るのは、さまざまな身体の機能が低下していくことです。痛みを伴ったり思うように身体が動かなくなることも増えていきます。そして、加齢臭もまた厄介なことのひとつです。加齢臭は、だいたい40歳を超えたあたりから発生することが多くなっています。...