加齢臭の原因物質・成分であるノネナールとは?

ノネナールによる加齢臭の原因・対策

ノネナールによる加齢臭の原因・対策

更新日:

加齢臭の原因物質・成分であるノネナールとは?

ノネナールとは不飽和アルデヒドの一種で加齢臭の原因物質です。油臭くて青臭い特有の臭いが特徴です。

特に頭皮や首筋などの部位の臭いで気が付く人が多いです。
加齢臭の原因となるノネナールは、9-ヘキサデセン酸という成分が皮膚の常在菌や過酸化皮脂によって分解されることによって発生します。

この9-ヘキサデセン酸とは、身体の老化に伴って皮膚上に蓄積されていく成分です。
若い人にはほとんど存在しない物質です。

加齢臭対策サプリおすすめランキングはこちら

>>成分・効果・コストを考慮した加齢臭対策サプリおすすめランキング<<


加齢臭対策石鹸の総合ランキングはこちら

>>成分・効果・コストを考慮した加齢臭対策石鹸の総合ランキング<<

 

ノネナールの発生は生活習慣の改善では治せない?

ノネナールの発生は生活習慣の改善では治せない?

代謝の衰えた中高年の皮膚上では、過酸化脂質などの老廃物も増えやすくなります。また、それを餌とする皮膚常在菌の数も増えやすくなります。

過酸化脂質などの老廃物や、それによって増えた皮膚常在菌が増加することにより、9-ヘキサデセン酸の分解が促進されるようになります。

結果としてノネナールの発生も活発化されるのです。
ノネナールの原因となるのは過酸化脂質などの皮脂老化物や、皮膚常在菌です。

そのため、皮膚上の余分な皮脂や汚れを抑えることが、ノネナールの発生の対策になります。
しかし、加齢によって退化した代謝やホルモンバランスにより、生活習慣の改善では治すことが難しくなります。

 

ノネナールの対策をするには薬用石鹸や加齢臭対策用の石鹸が効果的

薬用石鹸や加齢臭対策用の石鹸が効果的

ノネナールの原因となる老廃物や常在菌を対策するには外部から取り除く必要があります。
「身体が臭うから」といって香水やデオドラントスプレーを使う人がいます。

これは臭いをごまかしているだけで皮脂や汚れは取り除かれておらず、根本的な解決になっていません。また、スプレーを使うことでスプレーの残りなどが皮膚に付着したままになることもあります。

すると汚れや老廃物の蓄積の原因ともなるため、お勧めできません。
臭いの原因となる物質・成分を排除するためには、加齢臭対策用の石鹸や、薬用石鹸を使用するのが一番です。

消臭効果のあるものはもちろん、効果の持続性が高い石鹸も多く売られています。
「自分の身体から加齢臭がしてるかも?」という人は、早めの対策をしておくのが良いでしょう。

 

40歳を過ぎた頃から増加する加齢臭はノネナール発生が原因

40歳を過ぎた頃から増加する加齢臭はノネナール発生が原因

40歳を過ぎた頃から身体からの臭いを気にし始める人が増えてきます。若いころは多少汗をかいても、シャワーを浴びて身体を洗えば体臭が消えるのが一般的です。

40歳を過ぎた頃から足や脇の下、耳の後ろ、頭皮などから発生する今までにない種類の臭いは加齢臭といってよいでしょう。

加齢臭の原因となっているのは、ノネナールという物質です。このノネナールは、油臭くて青臭い、不飽和アルデヒドの一種です。

40歳を過ぎてくると加齢臭が発生する理由と対策

40歳を過ぎてくると加齢臭が発生する理由と対策

資生堂の研究によってノネナールが加齢臭の正体であることが分かりました。
毛穴に存在する皮脂腺から分泌される脂肪酸が、酸化することによってノネナールは発生します。

若い人の場合は毛穴の皮脂腺から分泌される脂肪酸が発生しても、ホルモンの働きによって酸化することを抑制できます。
ですのでノネナールが発生することがほとんどありません。

しかし40歳を過ぎてくると、人間はホルモンの働きが弱くなっていきます。
そのことで毛穴から分泌される脂肪酸は酸化してしまい、ノネナールが発生するようになるのです。

年齢を重ねた人から加齢臭が発生するのはこのためです。つまり、加齢臭を抑えるためには、ノネナールを減少させることが不可欠です。

皮脂の酸化を防ぎ、ノネナールを発生させないためには?

皮脂の酸化を防ぎ、ノネナールを発生させないためには?

ノネナールの発生を抑えるためには、皮脂の分泌を抑えることが効果的となります。
しかし、皮脂には皮膚を守るという働きがあるため、皮脂を完全に止めるわけにはいきません。

ノネナールは皮脂が酸化することで発生するものです。
皮脂を完全に除去するのではなく酸化させないことが加齢臭の対策となるのです。

そこで日常的にできる加齢臭対策をご紹介します。

有酸素運動

一日に30分以上ウォーキングをすることで、皮脂の酸化を抑えることができると言われています。

食生活

動物性の脂肪は臭いを強くしてしまうため、魚や野菜中心の食事をするように、見直すことが必要です。

 

食生活やストレス、生活習慣病などノネナール発生の原因は様々

ノネナール発生の原因は様々

加齢臭の原因物質としてノネナールが有名です。40代を過ぎてくると酸化に対する抑制力が低下してきます。

そして脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加することによってノネナールが発生すると言われています。
そのため一定の年齢になると自然発生するものだと考えている人もいます。

実はそれ以外にもノネナール発生を誘発する原因があります。ノネナール発生原因としてまず言われているのが生活習慣です。

生活習慣はノネナール発生に大きな影響を与えているとされています。

  • 肉類や脂ものを好む
  • アルコール
  • タバコを
  • 運動不足
  • ストレス過多

このような傾向は血管内にコレステロールを蓄積させやすくなります。
生活習慣病を誘発させる要因としても知られています。

 

生活習慣病と加齢臭は原因が同じ?

生活習慣病と加齢臭は原因が同じ?

この生活習慣病を発生させる生活サイクルは同時に加齢臭を発生させるサイクルと酷似しています。
不摂生な生活を続けることで皮脂腺にも脂肪分が増えます。

当然脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加するのでノネナールもどんどん発生してしまいます。また生活習慣の中でも食生活は直接体質に影響を与えやすい原因となっています。

肉類や脂っこい食べ物を好む人というのは皮脂腺に脂肪が蓄積されやすくなります。若い人は酸化を抑制する力が働いているので脂肪が蓄積されても加齢臭には繋がりません。

しかし年齢とともに抑制力が下がってしまうと結果的に蓄積された脂肪が全て酸化してしまいます。
そして加齢臭に変わってしまいます。

ストレスも加齢臭の原因の一つ

ストレスも加齢臭の原因の一つ

またストレスも大きな要因と言われています。ストレスの強さによって加齢臭が強くなったり弱くなる傾向があると言われています。

ストレスを感じてしまうと人は体内の活性酸素を増加させてしまうという特徴を持っています。
活性酸素が増えればその分脂肪が酸化してしまうので結果としてノネナールが発生してしまうのです。

そのためストレスが増えれば増えるほど酸化が進み、ノネナールの発生量も増えると言うわけです。
生活習慣とストレス対策は加齢臭対策にもなるということです。

 

ノネナールが発生する部位は頭皮や耳の後ろ、首筋、ワキなど

ノネナールが発生する部位は頭皮や耳の後ろ、首筋、ワキなど

人間は誰しも年をとっていき、老化していきます。老化を感じはじめて困るのは、さまざまな身体の機能が低下していくことです。

痛みを伴ったり思うように身体が動かなくなることも増えていきます。そして、加齢臭もまた厄介なことのひとつです。

加齢臭は、だいたい40歳を超えたあたりから発生することが多くなっています。いつも汗をかいた後などに感じる汗臭さとは違う種類の臭いを感じたら、加齢臭かもしれません。

実は加齢臭という言葉が生まれたのは、2000年頃のことです。
化粧品会社の資生堂がノネナールという芳香物質が加齢臭の正体であると発見してから、広まっていったのです。

40歳を超えたあたりから加齢臭が発生するのは頭皮や耳の後ろ、首筋、ワキなど

40歳を超えたあたりから加齢臭が発生するのは頭皮や耳の後ろ、首筋、ワキなど

このノネナールとは、毛穴から分泌される脂肪酸が、酸化することによって発生する物質です。若い人でも脂肪酸は分泌されているのですが、ホルモンが脂肪酸の分泌を抑制してくれています。ですので、ノネナールの発生が抑えられ加齢臭がしないのです。

しかし、40歳を超えたあたりからホルモンの分泌量は激減します。

脂肪酸が酸化してしまいノネナールを発生させてしまいます。これが加齢臭のメカニズムになっているのです。加齢臭が発生する身体の部位は、頭皮や耳の後ろ首筋ワキが多くなります。

その理由は、これらの部位に臭いのもとになる汗をかく、アポクリン汗腺が集中して存在するためです。そのため、ノネナール発生がこれらの部位に多くなるのです。

このような原因から、加齢臭を抑えるには脂肪酸の分泌を抑制すれば良いように感じます。

しかし脂肪酸は皮膚を守る役目も担っていることから、完全に抑制する訳にはいきません。
その代わりに、脂肪酸の酸化を抑制をすることで、加齢臭を緩和していくことはできます。

ノネナールを抑えるための生活習慣とは?

ノネナールを抑えるための生活習慣とは?

具体的には、生活習慣を見直すことが重要です。人間は寝ている間に成長ホルモンを分泌し、身体の機能を回復させます。

そのため寝不足は禁物です。
また、食生活は、動物性の脂肪を多く摂取していると、脂肪酸を多く分泌するようになります。

動物性の脂肪を控え、食物繊維を多くとるなど栄養バランスを考えた食事を心がけることが大切です。
また、有酸素運動をすることで、脂肪酸が酸化する抑制をすると言われています。

ノネナール対策には抗酸化作用のある銀や竹炭、柿タンニン

ノネナール対策には抗酸化作用のある銀や竹炭、柿タンニン

年齢を重ねた男性の最大の悩みともいえる加齢臭。加齢臭はノネナールという物質の作用によって引き起こされます。

ノネナールとはお肌の皮脂腺の内部の脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことで発生するとされています。
そしてこの過酸化脂質を増加させる原因というのが健康に悪影響とされる活性酸素の存在です。

活性酸素はストレスや紫外線・運動のし過ぎなどで体内に過剰にが増加します。その結果、一層加齢臭の悩みを深いものにしてしまうことになります。

そのため加齢臭対策には活性酸素を除去する抗酸化力に優れた成分が効果的です。

高い殺菌作用がある銀と竹炭は加齢臭対策に効果的

高い殺菌作用がある銀と竹炭は加齢臭対策に効果的

にはマイナスイオンの効果で活性酸素の働きを抑えるという効果があります。銀は非常に高い殺菌作用を持つことでも知られています。

お肌や皮膚の細菌の繁殖を防ぐ効能もあります。
そのため最近では加齢臭のみならず女性のデオドラント製品などでも銀イオンを配合しているものを多く見かけます。

次にノネナール対策に有効とされるのが竹炭という成分です。消臭グッズなどでも知られる竹炭は微細な空孔が無数にあるとされる多孔質材です。

その性質を生かしてニオイの元になる物質を吸着する効果に優れます。
また竹炭に含まれるカリウムとカルシウムには水に溶けるとアルカリ性の水溶液に変化するという特性を持ちます。

アルカリ性の水溶液には高い殺菌作用と洗浄効果があります。
竹炭入りの洗浄料で体を洗うことで、加齢臭の原因になるノネナールの除去と皮脂の汚れまでスッキリと取り除く効果があります。

防臭・防菌・抗酸化作用を持つ柿タンニンとは?

防臭・防菌・抗酸化作用を持つ柿タンニンとは?

最後に加齢臭のノネナール対策に人気なのが柿タンニンです。柿タンニンは柿渋の果汁を発酵させて作るエキスによる成分です。

柿タンニン防臭・防菌・抗酸化作用という優れた効能を併せ持つ最強の成分です。
柿タンニンはニオイの元になる悪臭成分と化学反応を起こして全く別の物質へと変化させる効果があります。

また皮膚に在中する細菌の働きを抑えることでニオイを元からブロックする働きもあります。
このように加齢臭の原因のノネナール対策には銀と竹炭・柿タンニンエキスの配合された洗浄料を使用することがおすすめです。

 

ノネナールの対策方法として有効な石鹸・シャンプー・サプリメントの選び方

ノネナールの対策方法として有効な石鹸・シャンプー・サプリメント

年齢を重ねる内に気になってくるのが加齢臭です。加齢臭を誤魔化そうと、香水やデオドラントスプレーに頼る人も多いです。

しかし香りが消えてしまえば再び臭いを発生させる事になります。加齢臭を抑えるためには、根本的な原因から改善していく必要があります。

加齢臭の原因は、「ノネナール」というニオイ成分にあるといわれています。ノネナールは、皮脂中にある脂肪酸が酸化し分解されたものです。

体が老化するに従って皮脂の酸化が進みやすく、ニオイ成分も発生しやすくなります。
ノネナール対策方法として、まず、皮膚についたニオイ成分を落とす事が考えられます。

加齢臭対策用の石鹸なら臭いのもととなる皮脂を落とすことができる

加齢臭対策用の石鹸なら臭いのもととなる皮脂

ノネナール自体は水で簡単に落ちるのですが、原因となる皮脂はそうではありません。石鹸やシャンプーを使って、丁寧に洗う事が重要です。

体を洗う石鹸を選ぶポイントは、加齢臭対策のものを選ぶという事です。
加齢臭対策の石鹸は、一般的なものよりも洗浄力が高く、皮脂を落としやすい事が特徴です。

また、消臭成分も含まれているため、予防効果も期待できます。
加齢臭対策の製品に含まれている成分の例としては、銀・竹炭・柿タンニン・茶カテキンなどがあります。

シャンプーやサプリメントもノネナールの対策の強い味方

シャンプーやサプリメントもノネナールの対策の強い味方

シャンプー選び方も、基本的には石鹸と同じく、加齢臭対策の成分が入った製品を選ぶと良いでしょう。これに加えて注目したいのが、洗浄力の強さです。

頭皮は乾燥すると、より多くの皮脂を分泌します。そのため皮脂を取り除き過ぎると逆効果になる事があります。

アミノ酸系のシャンプーは、肌と同じ弱酸性なので頭皮への刺激が少なくなっています。
また、サプリメントで体の内側からノネナールの発生を抑制させるという方法もあります。

シャンピニオンエキス・柿渋エキス・茶カテキンなどが、加齢臭対策の成分として有名です。
皮脂の酸化を防ぐために、抗酸化作用の成分が含まれているサプリメントを選びましょう。

加齢臭対策サプリおすすめランキングはこちら

>>成分・効果・コストを考慮した加齢臭対策サプリおすすめランキング<<


加齢臭対策石鹸の総合ランキングはこちら

>>成分・効果・コストを考慮した加齢臭対策石鹸の総合ランキング<<

-ノネナールによる加齢臭の原因・対策

Copyright© ノネナールを抑えて加齢臭対策に必要なこと|加齢臭の原因と対策 , 2019 All Rights Reserved.